2017
03.25
イランイラン

イランイランの香りと効能・使い方

アロマセラピー

イランイランの香りは好き嫌いがわかれる香りですが、女性の不調を改善する機能も期待できる香りで、愛用している方も多い香りです。女性的な香りですが、実は男性からの人気が高い香りでもあるんです。エキゾチックで魅惑的な香りが、男性に響くのかもしれません。
イランイランが似合う女性って、憧れますよね。

また華やかなシーンのアロマ空間デザインでもよく使用されるこの香りです。

エキゾチックな印象の濃厚で甘い香り


イランイランの基本情報

科名:バンレイシ科
学名:Cnanga odporata
抽出部位:花
抽出方法:水蒸気蒸留法

どんな香りの印象?

まるで、海外のホテルリゾートに来たような印象を受けるこの香りは、異国情緒漂う、甘く、濃厚な香りが印象的です。
非日常感や幸福感を感じる香りのため、ウエディングなどの華やかな空間演出にも好まれる香りです。催淫作用も特徴的で、インドネシアのほうでは、昔から、新婚初夜にイランイランの花びらをベッドにまいているとも伝えられています。 イランイラン自体は、黄色の花ですが、ピンクや赤を思わせる魅惑的な香り。いつもとはちがった、華やぎのあるラグジュアリーな雰囲気を創り上げたい時に使いたい香りです。

香りの効果効能は?

主な成分は、リナロール、β-カリオフィレン、安息香酸ベンジル、ゲルマクレンDです。
香りを嗅ぐだけで、リラックスした気持ちになって、心を落ちつかせたり、ホルモンバランスを調整する成分も含まれているため、冷静になって自分らしさを取り戻したい時に使うと効果的です。

使用する際の注意点は?

百合のように主張が強い香りで、好き嫌いの分かれる香りです。嫌いな人は本当に苦手といいます。他の香りとブレンドすると使い易くなり、香りのアクセントになります。濃度が高いので、使用の際には、量に注意しましょう。

イランイランと相性のいいオイル

オレンジやグレープフルーツなど柑橘系との相性がよく、ブレンドすることで、イランイランらしさは変わらず、強い主張を馴染みやすく、嗅ぎやすくしてくれます。
その他、サンダルウッドなど、同じく温かい地方で育つ植物と相性が良く、よりオリエンタル、エキゾチックな印象を際立たせます。

使うシーンや季節

リラックス作用や、女性に嬉しいホルモンバランス調整などの機能も期待できるため、寝室などで過ごすリラックスタイムにおすすめです。ゆっくり眠るために心身を落ちつかせていく香りです。
新芽が芽吹き花々が咲く、華やぎのある春の季節には、甘く優雅なイランイランの香りがおすすめです。カモミールやラベンダーなどとあわせて、春を楽しみたい香りです。

The following two tabs change content below.
アロマ空間デザイナー 武石紗和子

アロマ空間デザイナー 武石紗和子

東京生まれ。香りをデザインするアロマ空間デザイナーとして、 さまざまな企業やブランドのオリジナルアロマづくりに携わり、 香りによるクリエイティブな空間デザインを手掛ける。アットアロマ企業広報も担当。