2018
09.25
ゼラニウム

ゼラニウムの香りと効能・使い方

アロマセラピー

心と体のバランスを整える、グリーンフローラルの香り

ゼラニウムは200種類以上の種類があるといわれる多年草の植物で、ピンク色の美しい花を咲かせます。観賞用として広く親しまれており、世界各地で栽培されています。そのなかで精油が抽出される種類のものはローズのような香りがすることからも、「ローズゼラニウム」と呼ばれています。
華やかなローズを思わせる香りは女性からの人気が高く、化粧品やヘアケアの香料としても使われています。テンジクアオイ、ニオイゼラニウムなど、別名でも親しまれる香りです。

ゼラニウムの基本情報


科名:フクロソウ科
学名:Pelargonium graveolens
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主要原産地:エジプト、モロッコ、フランス
主な芳香成分:シトロネロール、ゲラニオール、蟻酸シトロネリル

ゼラニウムの特徴

香りのタイプ:フローラル
香りの揮発性:ミドルノート
香りの印象:強い
星座:天秤座、牡牛座

ゼラニウム

どんな香りの印象?


華やか

葉から抽出されるゼラニウムは、ローズのような華やかさとともに、グリーンな印象を持ち合わせているのが特長です。ゼラニウムは花から抽出されていると思われている方も多いのですが、実は精油は、葉から抽出されているんです。葉や茎の中の油胞に精油が含まれているため、植物自体からもふんわりと、いい香りが広がります。

中世ヨーロッパでは、悪霊を追い払うと信じられており、玄関先に魔よけとして植えられていたといわれています。現在では、ゼラニウムの香りは、心身を整えあらゆるバランスの乱れを整えてくれる香りとして、広く親しまれています。女性特有の悩みに寄り添い、不安をやわらげたいときに最適です。嗅いでいるだけで、幸せな気分になり、自然と前向きに元気になれる香りがゼラニウムです。

ゼラニウムの効果効能は?


ゼラニウムは、視床下部や副腎に働きかけて、ホルモン分泌や自律神経のバランスを調整してくれます。生理に関わるさまざまな不調など、婦人科系の症状をサポート。また、イライラしたり落ち込んだり、緊張や不安を和らげて、気分を明るくしてくれます。
成分は、産地により含有量が異なりますが、ローズと同じ芳香成分であるゲラニオールやシトロネロールなどを多く含んでおり、心身のバランスを調整してくれます。また、シトロネロールは蚊が嫌う香りでもあり、昆虫忌避作用も期待できます。

心への影響

女性らしさを取り戻したいとき、女性らしさを意識したいときに。自律神経の乱れを整えることで、気持ちを穏やかに優しくしてくれます。華やかで優雅な香りを嗅ぐと、心が穏やかに整っていきます。香りとともに、仕事や家事で忙しくて、失いがちな自分らしさや女性らしさにも目を向けてみてください。

身体への影響

ホルモンバランスを整える作用に優れ、月経前緊張症、生理痛、更年期障害などの症状に働きかけます。また、収れん作用などにより皮脂バランスを整えていくため、スキンケアにも多く用いられています。しみやしわ、アンチエイジングなど、こちらも女性に愛される理由のひとつです。

ゼラニウムと相性のいいオイル


ハーブ系:ラベンダー
ウッド系:ベルガモットグレープフルーツ
シトラス系:オレンジ

甘く華やかな香りで、女性らしい印象の香りブレンドにおすすめです。ラベンダーなどフローラルな印象を持つ香りとブレンドすることで、よりフローラルで濃厚なリラックス系の香りにしたり、木質系や樹脂などの香りで、心を落ち着かせる落ち着いた印象のブレンドに仕上げたり。少量をブレンドに加えるだけで、香りにコクや艶やかさを出すため、その華やかさを存分に楽しみたい香りです。

使用する際の注意点は?


濃度が濃く重い香りのため、使用量に注意が必要です。少量でもその華やかさは存在感を持っているため、ブレンドする際には、少量からがおすすめです。
個人的に華やかな香りやその効果を楽しみたい場合はいいですが、フローラルな香りが苦手な男性や子供が多くいるような場所で使う際には、薄く香りを広げたり、ブレンドする精油を選ぶなど、周りに配慮も忘れずに。ユーカリやペパーミント、グレープフルーツなどに少量だけブレンドすると、爽やかでなじみやすい印象になります。

使うシーンや季節


ケーキ

ゼラニウムは、そのピンク色の花のイメージ、華やかなローズのような香りから、エレガント、ロマンチック、そんなキーワードが似合う香りです。ウエディングやパーティーなどの華やかなお祝いのシーンを艶やかに彩れば、幸せムードがより引き立ちます。
その機能性から、四季は問わずに体調とあわせてパーソナルに活用する方も多いですが、空間演出では春がおすすめ。すこしグリーン調の印象をまとう香りは、春の季節には草木との相性もよく甘美に空間を演出します。また、秋が深まり、冬にかけて落ち葉ちらつく季節には、ローズ様の華やかさが落ち着いた印象を演出するなど、使い勝手のいい香りです。

The following two tabs change content below.
アロマ空間デザイナー 武石紗和子

アロマ空間デザイナー 武石紗和子

東京生まれ。香りをデザインするアロマ空間デザイナーとして、 さまざまな企業やブランドのオリジナルアロマづくりに携わり、 香りによるクリエイティブな空間デザインを手掛ける。アットアロマ企業広報も担当。
アロマ空間デザイナー 武石紗和子

最新記事 by アロマ空間デザイナー 武石紗和子 (全て見る)