2020
04.03
ユーカリ

ユーカリ・グロブルスの香りと効能・使い方

アロマセラピー

オーストラリアを代表する常緑樹

近年、ドライフラワーや観葉植物などのインテリアとしても人気の高いユーカリですが、その品種は500種以上と言われています。葉の形状や色味は多種多様ですが、精油として最も馴染みのある品種といえば「ユーカリ・グロブルス」でしょう。青白い葉を持つこの木の樹液をガム(gum)と勘違いしたという説から、別名「ブルーガム」とも呼ばれています。
ユーカリ・グロブルスはオーストラリアで昔から日常的に使われており、先住民のアボリジニは心身の不調を改善するために煎じてハーブティーとして飲んだり、また木の成長がとても早いことから木材やパルプ資材としても盛んに活用されています。

ユーカリ・グロブルスの基本情報


科名:フトモモ科
学名:Eucalyptus globulus
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主要産地:オーストラリア、中国、スペイン
主な芳香成分:1,8-シネオール、リモネン、a-ピネンなど

ユーカリ・グロブルスの特徴

香りのタイプ:ウッディー
香りの揮発性:トップノート
香りの印象:弱
星座:やぎ座

ユーカリ

どんな香りの印象?


ユーカリ・グロブルスの香りの特徴といえば、一瞬にして鼻の奥まで届くようなその清涼感にあります。
まるで草原を爽やかな風が吹き抜けるかのような、すーっとした透明感のある香りです。その正体は、香り成分の6割以上を占める1,8-シネオール。揮発性がとても高く、ユーカリ特有の爽快感を感じさせます。湿布の匂いと似ているのは、実際にこの成分が湿布にも使われているから。
その他、森の中の木々の香り成分で、森林浴をしているような効果をもたらすα-ピネンも含むため、自然に囲まれているような清々しさを感じることができます。
ムエットに精油をつけて嗅ぐと、スっとした印象がまず感じられますが、ディフューザー等を使って空間に広げると主張しすぎることなく空間に広がり、重くなった空気をクリアーにし、空間の「質感」をよくしてくれます。
ちなみにユーカリといえばコアラの食糧として有名ですが、食べる品種は4種類程度だそう。その中でも若い葉に限られており、グロブルスは食べないそうです。

ユーカリ・グロブルスの効果効能は?


比較的安価に手に入れることのできるユーカリですが、その機能は私たちの暮らしの様々なシーンで活用することのできる、とても優秀な精油の一つです。

心への影響

森の中の空気のように清々しいα-ピネンという香り成分が、心の奥から落ち着きをもたらしてくれます。
リラックス系のヨガプログラムなどに取り入れると、深い呼吸とともに精神も落ち着つきますよ。
また、シャープで透明感のある香りは集中力が必要とされるような学習タイムにもよいでしょう。

身体への影響

呼吸器系のトラブルに大きな効果をもたらします。すっきりしないときなどはディフューザーを使って芳香浴をしたり、植物油で作る軟膏を胸部に塗布したりするのもよいでしょう。主成分の1,8-シネオールは強い抗菌作用を持つため、感染症予防としてもおすすめです。
また、花粉の多くなる季節にはユーカリを使ったスプレーをマスクにひと吹きしておくと、鼻通りがすっきりとして呼吸が楽になります。

ユーカリ・グロブルスと相性のいいオイル


ハーブ系:ローズマリー、ラベンダー
シトラス系:レモン、グレープフルーツ
ウッド系:ヒノキ、パイン、ホワイトサイプレスなど全般
フラワー系:ゼラニウムイランイラン

ユーカリそのものの香りに透明感があり他の精油とも合わせやすいため、比較的ブレンドに使いやすいオイルです。似たような作用を持つハーバル系の香りとブレンドすると、相乗効果が期待できます。ブレンド全体に重みを感じる時や、空間への広がりが悪いと感じる際にユーカリを加えると、軽やかさがプラスされます。

使用する際の注意点は?


香りの印象としては弱いのですが、使用の際はあまり高濃度になりすぎないように注意しましょう。

ユーカリ・グロブルスを使ったブレンドオイル


B11 ユーカリラベンダー

C02 クリーンミント

▽C02クリーンミントの抗菌・抗ウイルス作用に関する試験を行いました
https://saas.actibookone.com/content/detail?param=eyJjb250ZW50TnVtIjozNDk1OH0=&detailFlg=0

使うシーンや季節


シーン

色んなシチュエーションで使うことのできる万能なユーカリ・グロブルスですが、中でも注目したいのは抗菌・抗ウイルス作用。カビが発生しやすい梅雨時期や感染症が流行りやすい季節は特に積極的に活用していただきたい香りです。清潔感が求められるパウダールームや、湿度の上がりやすいバスルームにはスティックタイプのディフューザーを。瞬時に空気をリセットしたい時や外出先では、手軽に香りを広げられるエアミストがおすすめです。またご自宅以外でも、様々な人が利用するクリニックやオフィス等のパブリックスペースでは、環境ケアをしながら透明感のある香りが空間全体の質をよくし、居心地の良い空間を演出してくれます。

▽ピックアップ 天然アロマで空間除菌「エアミスト C02クリーンミント 200ml」
https://store.at-aroma.com/item/MIS_C02_200ML.html

The following two tabs change content below.
アロマソムリエ編集部
アロマで空間をデザインするアットアロマ株式会社のオウンドメディア編集部です。香りに関する様々な情報を発信していきます。
アロマソムリエ編集部

最新記事 by アロマソムリエ編集部 (全て見る)