2020
05.11
タイムレモン

タイムレモンの香りと効能・使い方

アロマセラピー

「勇者」を彷彿とさせるような、フレッシュハーブの爽やかな香り

タイムとは、シソ科のイブキジャコウソウ属に分類される植物全般のこと。地中海原産のハーブで、春から初夏にかけて小さな花を咲かせます。古くからミイラを作る際の防腐剤や感染症の防止に使われたり、また肉や魚の臭みを消す力があるため、マリネやブーケガルニの材料など、日常的なお料理の素材としても使われてきました。
タイム(Thymus)の語源はいくつかあり、一つはこの香りが寺院で焚かれていたことから、煙を立てて焚くことを意味する「Thuo」。もう一つはギリシャ語で「勇気」を表す「Thymos(Thymus)」から来たという説で、中世ヨーロッパでは戦いに向かう騎士たちに、タイムの小枝をお守り代わりに渡していました。当時の男性にとっては「タイムの香りがする」と言われることが最高の褒め言葉だったのです。
タイムは350~400種もの種類があるといいますが、一般的にタイムと言えばコモンタイム(T. vulgaris)を指します。
今回は、タイムの種類の中でも比較的香りが穏やかで親しみやすい「タイムレモン」の香りをご紹介します。

タイムレモンの基本情報


科名:シソ科
学名:Thymus serpyllum L.
抽出部位:花、葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主要産地:スペイン、フランス、アメリカ、モロッコ
主な芳香成分:1,8-シネオール、リナロール、カンファー、カンフェン、リモネン、ボルネオール、チモール

タイムレモンの特徴

香りのタイプ:ハーバル
香りの揮発性:トップノート
香りの印象:中~強
星座:牡牛座、乙女座、天秤座

タイムレモン

タイムレモンとは?


数あるタイムの種類の中でも、ひときわ爽やかなレモンに似た芳香を放つタイムレモンという品種があります。
これはコモンタイムとブロードリーフタイム(T. pulegioides)の交雑種という説が有力でしたが、近年のDNA検査により、固有の植物という説が有力です。
高さは10~30センチほどの低木で、葉に銀灰色の縁取りが入るため、英名ではシルバータイムとも呼ばれています。
爽やかな香りと可愛い花を楽しめることから、ガーデニングに取り入れる方も多いハーブです。

タイムレモンの効果効能は?


基本的にタイムは精神的な強壮や集中力アップという作用を持ちます。ちょっと落ち込んでしまった時に活力を与えてくれるような、シャープな印象の香りです。
中でもタイムレモンは香りにさほど刺激がないという特徴をもっているため、リフレッシュだけでなく、リラックスタイムにもおすすめです。作用も他のタイムより穏やかです。

心への影響

タイムレモンの爽やかな香りは、気分をすっきりとしてくれるだけでなく、心を落ちつかせてくれる働きが期待できます。これは鎮静作用として代表的なリナロールなどの成分が含まれているからです。夜の時間帯というよりは、日中のブレイクタイムや、ヨガのプログラムに合わせて香らせるのもよいでしょう。ハーブの香りと、親しみやすい柑橘のような香りが心に染み渡り、リラックスさせてくれます。

身体への影響

主要成分のチモールには強い抗菌、抗ウイルス作用があり、風邪やインフルエンザの予防や免疫力が低下している時に役立てることができます。喉がすっきりしないときに芳香浴をおこなうのもおすすめです。
また消臭作用もあるため、お部屋をすっきりとさせたい時や、においの気になる水回りでも活躍してくれます。
コモンタイムよりも香りも作用も穏やかなため、抗炎症作用を利用して皮膚トラブルにも用いられます。

タイムレモンと相性のいいオイル


ハーブ系: ラベンダー、ローズマリー
シトラス系:レモン、 グレープフルーツ
ウッド系:ユーカリ、パイン、フランキンセンス

タイムレモンは、ブレンド次第で様々な印象を表現できる香りです。ハーブ系、シトラス系とは全般的に好相性です。使う目的に応じて、リフレッシュしたい時はレモンやローズマリーといったすっきりとしたオイルとブレントしたり、空気を整えたい場合は同じ抗菌作用を持つユーカリやティートリーをブレンドすると、より相乗効果が期待できます。またラリラックスした雰囲気を演出したいシーンでは、印象がやや似ているフランキンセンスや柑橘のベルガモット、ラベンダーなどを合わせると大人の上品さが加わった、落ち着いた空間を楽しむこともできます。

使用する際の注意点は?


香りに個性があるため、全体のバランスに気を付けながらブレンドすることが大切です。
メインで使うというよりは、他の香りを引き立てる存在として、少量からブレンドしてみるとよいでしょう。
またレモンに似た香りですが大人っぽい印象もあるため、お子さまのいる空間で使用する場合は、甘さのあるマンダリンなどのシトラス系の香りと組み合わせると使いやすくなります。

タイムレモンを使ったブレンドオイル


B15 グレープフルーツハーブ

C01 クリーンシトラス

使うシーンや季節


優れた抗菌、抗ウイルス作用を利用して、ぜひ風邪や感染症の気になる季節に取り入れてみましょう。
すっとする印象のペパーミントやユーカリなどの清涼感が苦手という方も、タイムレモンであれば刺激も抑えられるため、比較的馴染みやすく取り入れやすい香りでしょう。
また集中力のアップと、空気環境ケアがともに必要とされるオフィス空間の執務室には特におすすめです。
やさしいシトラス系の香りとブレンドすれば、子供部屋や学習塾にも使用できます。
ウッド系の香りとブレンドすれば、たちまち森の中を散策するかのような、さわやかで心地よい森林浴気分を味わうことができます。
外出ができない時など、おうちの中の空気をクリーンに保ちながら深い呼吸とともにゆったりとリラックスしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
アロマ空間デザインスクール
香りで空間を演出する「アロマ空間デザイン」の知識やノウハウを 学べる、アットアロマが運営するアロマ専門スクール。 空間デザインのプロフェッショナルを育成中。
アロマ空間デザインスクール

最新記事 by アロマ空間デザインスクール (全て見る)