2017
08.07
車

蚊除けのアロマスプレーの作り方

活用方法

夏はキャンプや川遊びなど、屋外でのレジャーを楽しむ機会も多く、活動的になる季節ですね。暑い日に外出していると、いつの間にか腕や足をさされていたり、夜布団に入ってからも、耳元に羽音を立てて襲ってくるのが「蚊」です。
夏は蚊にとっても活動が活発になる時期。対策をされている方も多いと思いますが、エッセンシャルオイルに含まれている成分を活用することにより、香りを楽しみながら蚊除けができるのをご存知ですか?
今回は蚊をよけてくれるエッセンシャルオイルと、自宅での対策や、キャンプなどのアウトドアでも活躍する蚊除けのアロマスプレーの作り方をご紹介します。

蚊除けに効果的なアロマ

蚊が嫌がる香りのエッセンシャルオイルを拡散させることで、蚊を追い払うことができます。化学的に合成されたものではなく、自然の中にある植物から抽出されたものですので、香りもなじみやすく、蚊除けに有効であると同時に、リフレッシュなどの効果も期待できるのがエッセンシャルオイルを使った対策の良いところです。
蚊をよけるには、「シトロネロール」や「シトロネラール」と呼ばれる成分が効果的だといわれています。それらを多く含むエッセンシャルオイルをご紹介します。

・レモングラス

 エネルギッシュなイメージを持ったレモン調のハーブの香りをもった、イネ科の植物。
レモンに良く似た香りの奥に力強い草の香りがあり、心に活力を与えてくれるような香りなので、夏の暑さに疲れてしまったときにもおすすめ。
 タイ料理などのエスニック料理にも多く使用されているので、きっと誰もが一度はかいだことがある香りです。

※レモングラスについて詳しくはこちら

・シトロネラ

 シトロネラもレモングラスと同じイネ科の植物。
こちらもレモンに似た優しく爽やかな香りが特徴です。気持ちを前向きにしてくれる明るさを持っており、古くから蚊帳に編みこんで使用されるなど虫除けでも活用されていました。19世紀のヨーロッパで流行し、香水や石鹸、化粧品や洗剤、キャンドルなどさまざまなものに香りが使用されるようになりました。

蚊除けスプレーの作り方

蚊をよけるエッセンシャルオイルの効果を手軽に活用できるのが、アロマスプレーです。
小さめのボトルに作っておけば、持ち歩いて外出先でも使用できます。
おすすめなのは朝と夜との使い分け。虫除けだけでなく気分のリフレッシュやリラックスにも活用しましょう!

※アロマスプレーの作り方はこちらをご参照ください。

・朝や日中におすすめのブレンド

モーニングコーヒー
 レモングラス・・・10滴
 ペパーミント・・・6滴
 ローズマリー・・・4滴

目が覚めるようなさわやかなブレンドです。
ペパーミントは体の表面にある「冷感受容体」に働きかけて、体感温度を下げてくれる効果が期待できます。また、ローズマリーには頭脳明晰の効果が期待でき、暑さの中でぼんやりしがちな頭をしゃきっとさせてくれます。

・夕方~夜におすすめのブレンド

就寝
 シトロネラ・・・10滴
 ラベンダー・・・6滴
 ユーカリ・・・4滴

穏やかでやさしい香り立ちのブレンドです。
ラベンダーは安眠や鎮静といったリラックス効果に大変優れている、清潔感がありやさしい印象のハーブの香り。さらにユーカリには呼吸を整えてくれる効果が期待できるので、暑さで寝苦しい夜に虫除けしながら使うのにはぴったりです。

最後に

今年の夏を思い切りエンジョイして活動的に過ごしたい方は、ぜひナチュラルな香りの蚊よけスプレーで、エッセンシャルオイルの香りを楽しみながら、夏を楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.
アロマ空間デザインインストラクター 桑山佳織

アロマ空間デザインインストラクター 桑山佳織

鹿児島生まれ、神奈川育ち。スクール、企業セミナー講師として、より多くの方に アロマのある空間の心地よさを広めていくための活動を行っている。 知識を生かしアロマ空間デザイナーとしてオリジナルアロマ制作も手掛ける。
アロマ空間デザインインストラクター 桑山佳織

最新記事 by アロマ空間デザインインストラクター 桑山佳織 (全て見る)