2017
03.14
プレゼント

女性にアロマを贈るときに気をつけたい3つのこと

ライフスタイル

好きな人の誕生日のプレゼントに、「アロマを贈りたいな」と思ったことはありませんか?
スイーツやお花、アクセサリーは贈ったことがあるし、なにか新しいプレゼントで相手をあっと感動させたい。
そんなときには、気持ちを香りに込めて、アロマアイテムをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

でも香り選びって難しいですよね・・なにをあげたらいいんだろう、苦手なにおいといわれたら、などなどいろいろ考えてしまいますよね。香りを女性に贈りたい時、失敗しないアロマオイルの選び方をご紹介します。

ポイント1:個性よりも万人受けを狙うべし


「女性はローズとかフローラルな香りが好きなはず」「自分が好きな香りを使って欲しい」「元カノが気に入ってたこの香りなら気に入るはず」・・・そんな固定概念は、まず捨ててください。

プレゼントにする香り選びで一番NGなのが、決めつけです!
香りは非常に嗜好性が高く、あなたが好きな香りを相手が好きだとは限りません。甘い香りが好きな人もいれば、さっぱり系の香りが好きな人もいます。

そこで、相手にはじめて贈る香りのプレゼントには、迷わずシトラス系の香りを選びましょう。普段食べものや日用品の香りとして馴染みのあるフルーツの香りであれば、たとえ贈る相手があまりアロマを使わない相手だったとしても、使ってもらいやすく、嫌いな人はほとんどいないと言えるでしょう。
オレンジやグレープフルーツがベストですが、もうすこしおしゃれに決めたい時には、紅茶のアールグレイの香り付けにも使われている「ベルガモット」の香りを。大人っぽい柑橘系で、リラックス効果も期待できるアロマオイルです。

ポイント2:まずはカンタンに使えるアイテムから


贈る相手がアロマオイルを普段使いしている人なら、迷わずアロマオイルをプレゼント。でもそこまで踏み込んだ話ができていない、彼女の部屋に行ったことがない、という場合には、使いやすい初心者向きのアイテムをチョイスして。

スティックをアロマオイルに挿して香りを広げるスティックディフューザーは、挿すだけなので手間もいらずに、玄関などでしっかりと香りを楽しめます。お仕事や外出がちの方には、いつでもどこでも手軽に使えるアロマスプレーがおすすめです。シュッと数プッシュするだけで空気がリフレッシュします。

アロマって面倒くさい、そう思われては元も子もありません。香りを楽しんでもらう前に、不要なストレスを排除しましょう。女性も手軽&便利&機能的なものがすきなんです。
まずは使いやすい手軽なアイテムを選びましょう。

ポイント:3 自分のニオイにも気をつけて



そして一番大切なのは、“あなた自身”です。
日々生活をしていると、さまざまな生活臭が身にまとわりついています。香りを贈る人が、いい匂いでないと、「これ、いい香りでしょ」「香りがあると気分が変わるよね」と言われても、なんだか説得力がありません。そして、あなたへの想いも冷めてしまうかも・・・

特に気を付けたいのが、良かれと思って、多めに使ってしまいがちな洗剤や柔軟剤、シャンプー、整髪料の匂い。強い香りのものもありますので、天然の香りにこだわっている、使用量を調整するなど、香りのマナーも大切です。
ほんのり風に乗って、ふんわりいい香りがするような、香りに誘われ思わず振り返りたくなるような魅力。これが目指したい「いい香り男子」です。

The following two tabs change content below.
アロマ空間デザイナー 武石紗和子

アロマ空間デザイナー 武石紗和子

東京生まれ。香りをデザインするアロマ空間デザイナーとして、 さまざまな企業やブランドのオリジナルアロマづくりに携わり、 香りによるクリエイティブな空間デザインを手掛ける。アットアロマ企業広報も担当。
アロマ空間デザイナー 武石紗和子

最新記事 by アロマ空間デザイナー 武石紗和子 (全て見る)