レモンの香りと効能・使い方

はじけるように爽やかでフレッシュなシトラスの香り

食卓でおなじみのフレッシュな果実、レモン。その主要産地はメキシコやスペインなど、南米や地中海沿岸が主流ですが、原産国はインド北東部と言われています。ヨーロッパに伝わったのは11~13世紀。十字軍の遠征がきっかけとなり、レモンを日常生活の中に取り入れる習慣が伝播しました。ビタミンCを含むレモンは長い航海において不可欠であり、大航海時代には乗組員に対し、積極的にレモンやオレンジなどを摂取させたと伝えられています。
レモンの殺菌効果は古くから認められ、食中毒の防止や感染症予防などに役立てられてきました。

レモンの基本情報

科名:ミカン科
学名:Citrus limon
抽出部位:果皮
抽出方法:圧搾法
主要産地:メキシコ、スペイン
主な芳香成分:リモネン、β-ピネン、γ-テルピネン

レモンの特徴

香りのタイプ:シトラス
香りの揮発性:トップノート
香りの印象:弱~中

どんな香りの印象?

オレンジなどの柑橘と並んで、食卓に彩りを添えてくれる食材、レモン。その果汁は、想像しただけで思わず唾液がじわりと出てくるような、弾けんばかりの酸味が私たちの食欲を刺激します。一方、レモンのエッセンシャルオイルの香りとなると、爽やかさはあるものの果汁ほどのすっぱい酸味はなく、フレッシュさと同時にマイルドな甘さすら感じることができます。
レモンそのものの酸味が苦手という方でも、アロマセラピーで使用されるレモンの香りであれば、比較的酸味も優しいので嗅ぎやすく、ほどよい清涼感とナチュラルな印象を楽しんでいただけるのではないでしょうか。
すっきりとした透明感と清潔感のあるレモンの香りは、瑞々しさや若々しさといった爽やかなイメージがあり、香りもカジュアルであることから、多くの方に親しんでいただきやすい香りです。

レモンの効果効能は?

近代アロマテラピーの礎を築いたフランスの軍医、ジャン・バルネ博士は、レモンに空気中の菌を殺菌する効果があることを、自らの研究によって明らかにしました。
またレモンの主成分であるリモネンには、リラックス作用とともに交感神経を刺激し、血液の流れをよくする作用があることから、身体の新陳代謝や消化活動を助ける働きがあります。

心への影響

リラックス効果が期待できると同時に、レモン特有のフレッシュな香りは集中力を高め、心身をリフレッシュさせてくれます。気持ちが沈んでいる時や、自信をなくしてしまった時などに用いると、クリアーな香りが前向きな気持ちへと誘導してくれます。
さらに、レモンの香りは脳を活性化する働きがあるため、一日の始まりに目覚めの香りとして活用するのもおすすめです。

身体への影響

身体を温め、血液やリンパの流れを促進し、新陳代謝を高めます。冷えや足のむくみなどに、半身浴やトリートメントで使用できます。また抗菌作用があることから、体調を崩しやすい季節や空気を一掃したい時にお部屋で芳香浴をおこなうと、空間をすっきりと整えてくれます。レモンは食欲をそそるとともに、消化を助ける働きがあるため、脂っこい食事をした後などにもおすすめです。
※レモンには光毒性がある場合があるため、オイルトリートメントなどで身体に塗布した後は、直接紫外線に当たらないよう注意しましょう。

レモンと相性のいいオイル

シトラス系:グレープフルーツベルガモット
ウッド系:ホワイトサイプレスユーカリジュニパーベリー
ハーブ系:ローズマリーペパーミント
フラワー系:ゼラニウム

フルーティーでフレッシュ、そしてはじける甘さが特徴のレモンは、分量次第でクール系、ウォーム系両方に使える香りです。ローズマリーやペパーミントなどのシャープなハーブ系や、ホワイトサイプレスといった軽やかなウッド系と合わせると、爽やかさを後押しし、キラリと光る輝きのようなものを表現できます。一方で、バニラやオレンジ、カモミール・ローマンなど甘さのある香りと合わせると、あたたかみのある雰囲気を作ることもできます。
また、香り全体が濃厚になってしまったときレモンを加えると、重さが和らぎ、香り同士をスムースに繋げながらバランスを整えてくれることがあります。

使用する際の注意点は?

レモンの香りは比較的薄く感じやすいため、ブレンドの際はついたくさんの分量を使いがちですが、入れすぎるとベタっとした甘ったるさが充満するため、控えめの割合から使ってみましょう。
ブレンドにおいてレモンの香りを表現する際は、その透明感とマイルドさゆえにレモン単体ではレモンらしさをうまく表現しにくいということがあります。レモン様の香りを作りたい場合も、レモングラスやレモンユーカリなどレモンに似た香りも一緒に活用すると、レモンらしい香りが表現しやすくなります。

レモンを使ったブレンドオイル

自分でブレンドするのは大変という方に、芳香浴用にブレンドされたエッセンシャルブレンドオイルを2種ご紹介します。レモンの魅力を引き出したプロのブレンドをぜひお楽しみください。

ジューシーな果汁感たっぷりのブレンド

ポップで爽やかなシトラスの香りが、明るい雰囲気を演出
B03 シトラスライム 10ml 1,650円
清涼感と潔さをそなえる、シトラスをミックスした香り
原料:レモン、ライム、グレープフルーツ

シャキッとお目覚めブレンド

一日の始まりや、集中力を高めたい時に
B05 ローズマリーシトラス 10ml 1,650円
みずみずしくシャープで、目の覚めるような香り
原料:ローズマリー、レモン、シソ

使うシーンや季節

親しみやすく身近な存在であるレモンの香り。そのカラーイメージは、まさにレモンイエローとよばれるような薄い黄色~黄色を表し、春から夏にかけてのさんさんと降り注ぐ太陽の日差しや、まばゆい輝きといった活動的なイメージの季節に合う香りです。

インテリアとしては、軽快で元気が出るような明るい印象があることから、ポップでナチュラルな雰囲気によく合い、日常的な空間で活用しやすい香りです。
レモンにはリラックス作用もありますが、どちらかというと香りの印象もすっきりとして爽やかなので、一日の中では朝から昼にかけて使うのがおすすめです。
たとえば、朝一番の起床時にアロマストーンに数滴オイルを垂らしたり、エアミストを吹きかけたりすると、フレッシュな気持ちで一日をスタートできます。
お仕事や学習の合間に活用すると、脳を活性化する働きにより集中力を高めたり、作業効率アップが期待できたりします。

機能性に優れながらナチュラルな印象をもつレモンの香りは、お子さまからご年配の方まで、幅広い方に親しんでいただきやすく、私たちの日常生活にも取り入れやすい香りの一つです。
ぜひ気軽な気持ちで、生活の中にも取り入れてみてください。

The following two tabs change content below.
アロマ空間デザインインストラクター 岡田ひとみ

アロマ空間デザインインストラクター 岡田ひとみ

福岡出身。店舗でのストア店長経験を経て、現在はスクールの運営と講師業務に携わる。 天然アロマならではのアロマ空間デザインの魅力やその楽しさを、分かりやすく伝えることを心がけている。
アロマ空間デザインインストラクター 岡田ひとみ

最新記事 by アロマ空間デザインインストラクター 岡田ひとみ (全て見る)