ティートリーの香りと効能・使い方

万能薬として親しまれてきたティートリー

オーストラリアの人々は、ティートリーを万能の木として古くから日常生活に取り入れてきました。
発祥はニュ-サウスウェールズ州の北部沿岸。湖辺などの湿地帯を好みますが、夏の乾燥した土地でもしっかりと育つ、とても生命力の強い植物です。
その力強さは香りでも感じることができ、すっきりとした中にも芯のある強さとほのかな甘さを持ち合わせています。
英語でtea treeと書くためお茶の木を連想しがちですが、いわゆる紅茶や日本茶で使われるお茶の木とは別物です。ティートリーという名前は、オーストラリア先住民のアボリジニがこの葉を煎じて飲んでいたことから名づけられたという俗説が伝えられています。

ティートリーの基本情報

科名:フトモモ科
学名:Melaleuca alternifolia
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主要産地:オーストラリア
主な芳香成分:テルピネン-4-オール、γ-テルピネン、1,8-シネオール

ティートリーの特徴

香りのタイプ:ウッディー
香りの揮発性:トップノート
香りの印象:やや強
星座:みずがめ座

ティートリー

どんな香りの印象?

ティートリーの香りは、葉と葉が触れ合うだけでもしっかりと広がり、木の周辺は遠く離れていてもその香りが漂うといわれるほど。
香りはすっきりとした針葉樹のような印象ですが、大地に根を張るような力強さと甘さもあわせ持ちます。
主要成分のテルピネン-4-オールとよばれる芳香成分がこの植物の香りを特徴づけており、強い抗菌作用をもたらします。
秋から冬にかけて、ちょっと爽やかさが欲しい時にティートリーを使うと、空間をすっきりとさせながら程よい爽やかさを感じることができます。大地や豊かな自然を想わせる、earthy(アーシー)な香りの魅力を持っています。

ティートリーの効果効能は?

その昔は傷口の治療薬として、戦時中フランス軍の救急箱の中にも常に入っていたといわれるように、ティートリーには強い抗菌作用や抗真菌作用が期待できます。
香りの印象としても比較的季節を問わず取り入れやすいので、年中通してあらゆる空間の環境改善に役立てることができます。

心への影響

物事をポジティブに考えるサポートをしてくれたり、頭脳明晰作用も期待できると言われることから、集中力が必要となるお勉強タイムや読書を楽しみたい時にデスク周りで香らせるとよいでしょう。
またお仕事中であれば、お昼休みを終えたあと、午後からもう一息頑張りたいなという時などに用いると、気持ちをシャキッと切り替えることができます。

身体への影響

様々な外傷の治療薬や消毒液にも使われてきたという歴史があるように、オーストラリアを始め、古くから人々が生き抜く知恵の一つとしてティートリーを日常的に使ってきました。
主な成分であるテルピネン-4-オール、1,8-シネオールは共に優れた抗菌作用をもつことで有名です。
秋冬の体調管理が気になる季節や、免疫力がちょっと落ちてきたかなという時におうちの中でディフューザーを使って広げると、とてもクリーンな環境に整えることができ、気分もすっきりとさせてくれます。

ティートリーと相性のいいオイル

ハーブ系: ラベンダー、ローズマリー
シトラス系:ベルガモット、レモン
ウッド系:ユーカリ、サイプレス、 パイン
フラワー系:ゼラニウム

爽やかさと芯のある強さを合わせ持つ香りなので、ラベンダーなどのややすっきりとしたハーブ系とよく合います。全般的にウッド系の香りとは好相性で、ブレンドによってはearthy(アーシー)な世界観を生み出したり、和風な雰囲気になったりと様々な表現ができます。また全体的にブレンドが軽くなりすぎてしまったなという時にティートリーを数滴加えると、しっかりとした骨格ができ、香りをぐっと引き締めてくれます。

使用する際の注意点は?

アロマの中では安全性に優れたオイルですが、香りはやや強いため、使用の際は使い過ぎないようにしましょう。またどちらかと言えば大人っぽい印象の香りなので、お子さまのいる場合などは柔らかいシトラス系をベースにブレンドすると、使いやすくなります。

ティートリーを使ったブレンドオイル

B09 ラベンダーティートリー

S03 スタディー&ワーク

使うシーンや季節

ティートリーのフレッシュな香りと優れた抗菌作用を活かして、身近な生活空間やオフィスのクリーン対策に使ってみましょう。
エアミストを作ってのお掃除や、消臭作用を活かしてシュークローゼットのある玄関やお化粧室での使用もおすすめです。パインやユーカリなどの森林系の香りとブレンドしたものを用いると、気持ちもすっきりと整います。
オフィス空間であればローズマリーやレモンなどとブレンドした香りを執務室やミーティングルームなどで使うと、集中力アップを図りながらコミュニケーションが弾むような演出ができます。
また安全性も高いので、ラベンダーやペパーミントなどの香りとブレンドしてハンドジェルを作り、日々の手洗い後のケアに役立てたり、お出かけの際に持ち歩いてサニタイザーとして使うのもよいでしょう。
ティートリーなどの抗菌、抗ウイルス効果の期待できる香りで、気分もリフレッシュしながら身の回りの空気をきれいに、安全に整えていきたいですね。

The following two tabs change content below.
アロマソムリエ編集部
アロマで空間をデザインするアットアロマ株式会社のオウンドメディア編集部です。香りに関する様々な情報を発信していきます。
アロマソムリエ編集部

最新記事 by アロマソムリエ編集部 (全て見る)