あなたのタイプに合わせて続ける、アロマのある暮らし

ディフューザーやエッセンシャルオイルなど、暮らしの中にアロマアイテムを取り入れると、心と身体に心地よい変化を感じ、アロマを使うのが習慣化する方が多くいます。その一方、香りを使う心地よさはわかっているけれど、いつの間にか使わなくなってしまったという声を聞くこともあります。日常的に使い続けることはアロマだけでなく何でも難しかったりしますよね。
「本当は毎日使いたい」という気持ちはあるのになかなか続けられない方へ、これなら自分にも続けられそうと思っていただけるようなアロマの使い方のヒントをご紹介します。上手に暮らしに取り入れ、無理なく楽しく続けられそうな方法を見つけてみてください。

【3つのタイプ別】アロマを使い続けるヒント

同じものを使っていても、ワークスタイル・性格や生活リズムなどが異なると、使い続けるコツは人によって変わってきますよね。そこでアロマを使い続けるヒントを3つのタイプに分けてご紹介します。まずはご自身の続けられない理由がどれに当てはまるか選んでみてください。その理由に合わせた解決法を次の章でご紹介していきます。

続けられない理由、あなたのタイプは?

「多忙なビジネスワーカータイプ
〇家事や仕事で毎日忙しく、まとまった時間が取れない
〇ディフューザーの電源を入れるのを忘れてしまう

「効率重視なインドア派タイプ
〇オイルを買いに行くのが面倒
〇次はどの香りが良いかわからない、選ぶのが大変だ
〇ディフューザーのお手入れを怠ってしまう

好奇心旺盛なアーリーアダプタータイプ」
〇日々いろんなことに興味があってアロマのことをついつい忘れてしまう
〇今使っている香りに飽きてしまった

多忙なビジネスワーカータイプ

毎日お仕事や家事などが忙しいと、アロマを日常的に取り入れるのはなかなか難しいですよね。ちょっとできたスキマ時間やふとしたタイミングに使うくらい、という方も多いのではないでしょうか。そんな毎日忙しい方だからこそ、アロマを使うことで少しでも気持ちが休まると良いですね。

<使い続けるコツ ①>
生活のルーティンに組み込む

まとまったアロマ時間を取るのではなく、日常のルーティンの中に自然とアロマを使いたくなる習慣を入れてみましょう。暮らしの流れに合わせて使いやすい場所に、使いやすい形状のアロマを置くことがポイントです。

〇起床 「ベッドサイドにはミストタイプのアロマを」起きるのがツライ朝も、アラームを止めるついでに空間へシュッとひと吹きしてみましょう。ペパーミントやレモンなど爽やかな香りを選べば、よりスッキリ目覚めることができますよ。カーテンを開けたときに陽の光とともに天然の香りで深呼吸するのも気持ちがいいです。

〇出勤 「コートや上着にピンズタイプのディフューザー、ポケットにはお気に入りのアロマを」電車やバスを待っている間、ポケットからアロマを取り出して、コートのピンズに数滴付けるだけ。冷え込む寒さもバニラやホーウッドなど甘さのある香りで自分の周りを満たせば、快適な出勤タイムに。マスクの外側に垂らすのもオススメですが、柑橘系だと色が付いてしまうことがあるので注意してくださいね。

〇仕事 「デスクサイドには小型ディフューザーを」 パソコンを立ち上げている合間に、手元に置いたディフューザーもポチっと起動させて。 ローズマリーやライムなどシャープでクリアーな香りならひらめきや独創的なアイディアが浮かぶかも。 テレワークなら気持ちのスイッチをONにするための香りを1つ決めておくと、自然と仕事モードに入れるようになりますよ 。

<使い続けるコツ ②>
音声操作やタイマー設定でディフューザーを自動運転させる

仕事から帰ってきた後も食事の支度や後片付けなど、就床するまで何かと忙しいですよね。 スマートプラグやスマートスピーカーに繋いで設定しておけば、気が付いたときには香る空間に。 タッチレスなのでクリーンに使えるのもうれしいですね。

▼詳しい使い方はこちらの記事をぜひ参考に。
https://aroma-sommelier.com/howto/1135.html

 

効率重視なインドア派タイプ

自分に合った香りを選ぶのも、オイルを買い足すのも、ディフューザーのお手入れも…なんだか億劫。もっと効率よく取り入れられたら良いのに…と感じている方は、便利なサービスや機能を活用しましょう。 手間なく、できるだけ簡単に使い続けたいという方にピッタリな情報をお届けします。

<使い続けるコツ ①>
自動で届くアロマのサブスクリプションサービス

定額制で定期的にアロマが届くサービスを活用すれば、便利に、さらにお得に使えます。 色々な香りがありすぎてどの香りを選べばよいかわからない、店員さんと話すのがちょっと苦手・・という方も、お店に行かずに自動でセレクトされた香りが希望の場所に届くのは魅力ですよね。 何が届くか毎回ワクワクしますし、新しい香りに出会えるので幅広く色々な香りを試したい方にもおすすめです。

▼アロマ定期便✓ アロマ空間デザイナーが季節や目的に合わせて選んだ香りを定期配送
✓ ホテルやパブリック空間にも採用されている上質なブレンドをご自宅で
✓ 通常価格より5%~20%OFFお得&送料無料
✓ ディフューザー込みコースはイニシャルコストを抑えてスタートできる

<使い続けるコツ ②>
お手入れが簡単なディフューザーを選ぶ

シンプルに、お手入れ不要なディフューザーを選びましょう。 使った後のお手入れや水あかの清掃など、定期的なお手入れが必要なディフューザーも多くあります。 最もお手入れが簡単なのは自然蒸散タイプ。中でもストーンタイプは、香りを変えたい時もそのまま別のアロマを垂らすことができ、手間がかかりません。他にも風を送るファンタイプやスティックで吸い上げるリードタイプも、香りを変えるときにパーツ交換をするだけなので負担は少なくて済みますよ。

ただストーンタイプやスティックの場合、香りの拡散範囲は限られてしまうので、お手入れも比較的簡単で拡散範囲もほしい方は、噴霧タイプの「ソロ」がおすすめ。100mlのオイルをタンクに入れておけば約1ヶ月(*)継続して使用でき、香りを変えるときはスティックを交換してタンクを水道水ですすぐだけ。残り香が気になるときや噴霧口の目詰まりを防ぐために無水エタノールを噴霧して乾燥させるなど、少しお手入れを加えてあげる程度で、手間なくお使いいただけるバランス派です。
(*)使用頻度やオイルの種類によって異なります。

 

好奇心旺盛なアーリーアダプタータイプ

アロマに興味が出て思い切って高いディフューザーを買ってはみたけれど、日々いろんなことに興味関心があってついつい放置してしまっている・・今使っている香りに飽きてしまった・・そんな方にはせっかく始めたアロマをそのときの気分に合わせて楽しく使い続けられる方法をご紹介します。

<使い続けるコツ ①>
自己表現にアロマをつかう

1つの香りを使い続けるのではなく、そのときなりたい自分や表現したい空間に合わせて香りを選んでみましょう。今日は商談があるから信頼感を持ってもらえるようにヒノキなど木質系の香りで誠実さをアピール、休日に自転車でお出掛けするときはエネルギッシュでアクティブな気持ちになれるレモングラス、お部屋でゆっくりコーヒータイムにはベルガモットの香りでリラックス、など複数の香りを使い分けて、香りでコンディショニングすると自然と気持ちが整います。
美味しいものや素敵なことに出会ったとき人に伝えたくなるように、香りで気持ちが変わる体験は人に伝えたくなる感動がありますよね。選んだ香りとお気に入りのディフューザーをSNSで発信してみてもよいかもしれません。手軽に香りを使い分けるなら、香水感覚で使えるロールオンタイプのアロマもおすすめです。

<使い続けるコツ ②>
オンライン相談を利用してみる

自分で香りを選ぶとどうしても同じようなものに偏りがちになってしまいますが、プロに相談してみると新鮮な角度からの提案や新たな発見があって面白いかもしれません。 忙しくてお店に行けない方もオンラインなら効率的に時間を使えるのも嬉しいですよね。

▼アットアロマのオンライン相談サービス
https://store.at-aroma.com/topics_detail.html?info_id=88
ご相談枠は1時間です。まずは希望日時を入力して申し込んでみましょう。

最後に

タイプ別のアロマを使い続けるヒント、いかがでしたでしょうか。
忙しい日々も暮らしの中に天然の香りを取り入れることで、リラックスできたり疲れたときにも気持ちが安らぎ前向きになれます。楽しくアロマのある日々を続けて、心豊かに過ごしたいですね。

The following two tabs change content below.
アロマソムリエ編集部
アロマで空間をデザインするアットアロマ株式会社のオウンドメディア編集部です。香りに関する様々な情報を発信していきます。