2017
11.07
西川オーダーメイド枕

初めてのオーダーメイド枕づくり体験

ライフスタイル

良い睡眠は、良い生活を作ります。良い眠りで1日が終われば、朝にはまた心地よく新たしい1日がスタートします。 普段はいつでもどこでも眠れる私ですが、最近、気候が安定しないせいか、体調管理が難しく、なかなか良い眠りに恵まれていませんでした。 体の疲れが取れずに溜まっていく感じを覚えながらも、忙しさから対処ができずにいましたが、ついに肩が外れるように痛み・・・そして頭痛になって、ようやく行動することにしました・・・「そうだ、枕を変えよう!」と。

枕は眠りにとって、とても重要

私自身、以前にも枕を選び購入したことが何度かありました。百貨店の寝具売り場でカウンセリングをして購入したり、知り合いに紹介していただいた枕を使ってみたり。 枕を変えてからは調子が良いのですが、長く使っていると、少しずつ様子が変わってきます。やはり、市販の枕では中身の素材も徐々には凹んできますし、体調や寝相にあわせた変更はできないのですが、枕にも、アロマ機器同様に、”メンテナンス”が必要だという答えにようやくたどり着きました。そこで、今回はオーダーメイド枕づくりにチャレンジしてきました。

私だけの枕づくりにチャレンジ

早速向かったのは、いつもお世話になっている日本橋西川さんです。早速はじめてのオー ダーメイドの枕づくりにチャレンジしてきました。 日本橋西川さんの眠りのプロ、スリープマイスターさんからのアドバイスを受けながら、じっくりと時間をかけて丁寧に、私にあった枕をカウンセリングいただきました。

日本橋西川

■首の高さに合わせることが最大のポイント

枕づくりは4ステップで進みます。まずはじめのステップは、枕の中身を何の「素材」にするかです。柔らかいスポンジ素材から、炭パイプやそば殻など様々な素材が準備されています。固さがほしい人、高さを出したい人、沈むように寝たい人・・・など、様々なニーズに答えてくれます。 低反発枕は苦手なのですが、あまり高さがなくほどよく柔らかい素材が良いと言う私のオーダーに対して、お勧めいただいたのが、もちもち感触が心地よい「エンジェルフロート」です。素材はとても柔らかいのですが、頭が落ち込みすぎず支えてくれるそんな安定感のある素材です。他の素材にもそれぞれの良さがあり、何度となく寝て試してと迷ったのですが、最終的には「エンジェルフロート」を選びました。

エンジェルフロート

そして次のステップでは、首の後ろの高さを特殊な器具を使って測定いただきました。この測定こそ、枕選びの最大のポイントではないかと私は思っています。寝ているときに一番理想の姿勢とは、実は立っているときの姿勢と同じということ。それが、体への負担がなくちょうどいい姿勢ということです。 そして測定結果はというと、首の後ろの高さが、とても低いことがわかりました。首のカーブを埋めるように枕があることがいいので、枕の高さは低いほうが合っているということがわかりました。

枕測定

■わがままが言える!オーダーメイド枕の凄さ

そして3ステップ目。枕の高さを実際のベッドで寝ながら、決めていきます。私は低めの枕が合うのでもちろん低めの設定で、となるのですが、ここからがオーダーメイド枕の凄いところ。 入眠時は仰向けでも、夜中には寝返りを打って横向きになったり、寝付けなくて横向きに寝たりする時もありますよね。私は、基本は仰向けに寝るタイプですが、日によっては横向きではないと寝れないという日もあります。しかも、右向きも左向きもあるという混合型です。 しかし、一般的な枕は、横向き用には作られていないので、合っていない枕によって、首や肩に負担がかかって、その結果肩こりになったりもしていたのではないかと推測できます。それが解消されるのがオーダーメイド枕です。

「では、右向きに寝てください」「左に寝返り打ってみてください」と何度も向きを変えながら、スリープマスターに寝姿勢を見ていただきました。向きによって、人それぞれ寝方にも癖があるようで、私は横向きの姿勢が左右で違うと言われました。 その姿勢に合わせて、真ん中は低めに、左右には異なる高さをつけてと、枕の素材の高さを変える調整をしていただきました。まさにプロフェッショナルの業です。

寝ごごち

■枕が変わると、眠りが変わる

しばらく待つと、自分専用の枕が出来上がりです。最後に寝心地を確かめて、ついに完成!その日のうちに枕を受け取ることができます。すぐに持ち帰って使えるって嬉しいものです。「今日の夜からこの理想の枕で寝ることができるんだ」と思うと、その枕を手にした時の喜びは忘れられません。 日本橋西川さんでは、枕を作った方の多くが半年に1度程度ご来店されて、メンテナンスをされるのこと。中の素材の高さを調整するなど、何度でも丁寧に調整をいただけるのでとても心強いです。

さいごに

枕

睡眠は人生のうち、大半の時間を占めています。長時間、身体に合わない環境で寝ていても、結果体調が悪くなるのは嫌ですよね。良い睡眠をとるために、気を付けられることは、日々考えていきましょう。 今回私が行った枕の見直しもそのひとつ。私は枕を変えてから、とても体調が良くなりました。肩こりが解消されたばかりか、寝るのが楽しくなり、睡眠時間さえ長くなったように思います。「今日もゆっくり眠って、明日も気持ちよく朝を迎えよう。」そう思うとベッドに入るのが楽しみになります。

そのほかにも、寝る前のストレッチで、疲れた手足を伸ばしたり、好きなアロマを嗅いで心身をリラックスさせたりと、眠りの環境を整える工夫はいろいろとあります。毎日が忙しい方々も、ぜひすこし立ち止まって、自分の「眠りの質」と向き合ってみてください。眠りが変わると、生活も変わります。

The following two tabs change content below.
アロマ空間デザイナー 武石紗和子

アロマ空間デザイナー 武石紗和子

東京生まれ。香りをデザインするアロマ空間デザイナーとして、 さまざまな企業やブランドのオリジナルアロマづくりに携わり、 香りによるクリエイティブな空間デザインを手掛ける。アットアロマ企業広報も担当。