今日から始める、香りのある暮らし

「アロマセラピーを始める」というと、すこし難しそうで、私にできるかしら・・・とかまえてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、難しいことはなく、すでに私たちが取り入れていることも多くあります。寝る前にハーブティーを飲んでリラックスしたり、風邪をひいたときに、生姜湯を飲んで温まったりと、アロマ=香りを、毎日の生活で日常的につかっていくこと、「香りを生活に取り入れること」こそが、アロマセラピーです。みなさんも、天然の植物の香り、あるいはトリートメントなどの施術の場面でアロマオイルを嗅いで、自然と心が安らいだ経験はありませんか?瞬時に心が落ち着いたり、気分転換ができたりするのも香りならでは。暮らしのなかに香りを取り入れ、美容や健康にいかすことで、毎日の生活も変わっていきます。

今回は、アロマをこれから始めたいという初心者の方向けに、アロマのことを詳しくご紹介していきます。興味はあるけど、自分で毎日の暮らしのなかに取り入れるにはどうしたらよいのか、アロマを初めて買ってみたけどうまく使えていない、という方にも読んでいただければと思います。

まずは、香りって何?というところから、香りの選び方からオイルの基本の使い方、使用上の注意点や保管方法など、アロマの基礎情報をご紹介していきます。

エッセンシャルオイル(精油)とは?

植物の恵みであるエッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは、天然の植物から抽出された、天然成分で、日本語では、「精油」とも呼ばれています。種類や産地などは様々で、植物のどの部位から抽出されたかによって、香りの特徴にも違いがありますが、大切なのは、100%天然の香りであるということです。最近では、安価なオイルが、「アロマオイル」「フレグランスオイル」というような名称で、あたかもエッセンシャルオイルのように販売されていることもありますが、天然成分を含まないオイルや、天然と合成が混合したオイルもあります。必ず、それが植物から抽出された100%天然のものなのかどうかを確認しましょう。センシャルオイルには非常に多くの成分から成り立っていて、様々な効果効能を含んでいます。花粉症対策には、空気清浄作用や、頭をすっきりとさせる頭脳明晰作用の期待できるエッセンシャルオイルを取り入れて、つらいシーズンを乗り越えましょう。

香りによる心や体・環境にアプローチできる効果効能は、それぞれの植物が本来もっている、精油の成分によるものですので、自然の植物から抽出されたものでなければ、アロマセラピーの効果は期待できません。エッセンシャルオイルは、人工香料や水などは一切含まず、植物の花、葉、果皮などに含まれる芳香成分だけを抽出した純粋なオイルであること、ここをまずは最初に覚えていただければと思います。

購入の際のチェックポイント

まず購入する際には、100%天然であることの確認が必要です。エッセンシャルオイルのパッケージやボトルに「精油」もしくは「エッセンシャルオイル」という表記があれば、まず大丈夫です。また、「オレンジ」「ペパーミント」などの単体のオイルを購入する際には、原料となる植物の学名・産地・抽出部位・抽出方法も参考に選びましょう。単体オイルであれば、パッケージに記載されていることが多いです。一方で、ブレンドオイルや、芳香浴用のオイルについては、コンセプトやイメージ、目的にあわせてすでにブレンドされているため、すべての原料名の記載やそれぞれのオイル情報がない場合もあります。ブランドや何の目的で使われる香りかによって異なりますが、その場合も、天然エッセンシャルオイルのブレンドなのか、パッケージの表記は確認しましょう。

また、精油は光による品質劣化を防ぐため、ほとんどの場合は、茶や青などの色つきの遮光瓶に入っています。透明ボトルなどに入っているオイルもありますが、その場合は、酸化や変質には十分注意してください。また、購入後も、エッセンシャルオイルは、ボトルキャップをしっかりと締めて、1年以内(変質しやすいオイルは半年以内)を目安に早めに使い切りましょう。大切にとっておきたくなりますが、香りがフレッシュなうちに使い切るのが、香り的にも機能的にもお勧めです。

最後に、価格が極端に安いものは要注意です。香りの種類や産地で値段に幅がありますが、価格帯としては5mlで千円前後~数千円程度が一般的です。先ほどお伝えしたエッセンシャルオイルの抽出部位の違いは、価格にも表れてきます。果皮など手に入りやすく集めやすい原料で、オイルが比較的抽出しやすい場合は、手ごろな価格で購入できますが、たくさんの花からわずかな量しか抽出できないエッセンシャルオイルはおのずと高価になります。例えば、ローズのエッセンシャルオイルは、1滴の香りを抽出するのに、バラの花50本~100本が必要になるとも言われている、大変貴重なものです。エッセンシャルオイル自体、原料の栽培から、蒸留、抽出の過程を考えると、手間暇かかった大切な植物の恵みであることを感じていただけるかと思います。私たち使う側も、エッセンシャルオイル1滴1滴、大切に使っていきたいものです。

 

香りを選ぶポイント

さて、それではまずはお好みのエッセンシャルオイルを1本選ぶところから始めていきましょう。たくさんの種類があって、最初はどのように選んでいいか迷うと思いますが、アロマショップなど実際に嗅げる場所がある場合は、ご自身で嗅いでお選びいただくのがお勧めです。今の自分が心地よいと感じたり、好ましく感じたりする香りを素直に選ぶのがまずは第一歩。五感を使った選択には心や体の状態が反映されると言われていて、人間には本能的に自分の必要としている香りを選ぶことができる能力があるそうです。ですが、忙しかったり、外出が難しかったり、実際に香りを嗅げない場合もありますので、そんなときにはどんなポイントで香りを選ぶといいか、ご紹介していきます。

① 好みの香りのタイプで選ぶ

エッセンシャルオイルは、植物の種類や抽出部位、香りの香調などによって、大きく5つのタイプに分類できます。自分が普段よく使っていて馴染みがある香りや、心地よく感じる香りはなんだろうと、考えてみてください。毎日つかう化粧品やシャンプーの香り、森の中のすがすがしい木々の香り、良く飾っているお花やハーブの香り、など好みの香りを思い浮かべながら選んでみましょう。

心に明るさをもたらす「シトラス」

【代表的なオイル】オレンジ・スイートグレープフルーツベルガモット

甘く華やかな「フローラル」

【代表的なオイル】イランイランカモミール・ローマンゼラニウム

すっきりと清涼感のある「ハーバル」

【代表的なオイル】ペパーミントラベンダーローズマリー

森の中にいるような「ウッド」

【代表的なオイル】サンダルウッドユーカリ・グロブルスパイン

静かで深みのある「バルサム」

【代表的なオイル】フランキンセンス

② 目的によってオイルの効果効能で選ぶ

エッセンシャルオイルはただ良い香りを楽しめるだけでなく、人間の五感を心地よく刺激し、様々な植物の薬理効果をやさしく取り入れることが期待できます。鼻から入った香り成分は、免疫・内分泌調節を司る視床下部に働きかけることで、交感神経が副交感神経に切り替わってリラックスできたり、女性ホルモンなどのホルモン分泌を調整できたりといった心と体に対してアプローチします。さらに空気をキレイにしたり、抗菌・抗ウイルスなど、環境に効果を発揮するオイルもあります。

自分の持っている香りのイメージや好みだけでなく、効果効能も考えて香りを選べるようになると、より使用シーンのイメージがわき、生活の中に取り入れやすくなりますね。

心と体に対するアプローチ

私たちの心や体に影響を与えるオイルの機能の代表としては、「鎮静」「抗ストレス」「強壮」「ホルモン分泌調整」「頭脳明晰」「消化促進」などが挙げられます。気持ちを落ち着かせたり、リラックスをもたらすような効果は、アロマセラピーを取り入れる際には、まず期待したい部分でもありますね。眠る前に使いたい、運動の時に使いたい、など、使いたい「時間」や「場所」、「目的」を考えていくと、自分が求めている機能が見えてくる場合もあります。

空間や環境に対するアプローチ

環境に効果を発揮するエッセンシャルオイルの代表的な機能としては「抗菌」「抗ウイルス」「防虫」「消臭」などが挙げられます。特に空間で香りを楽しむような芳香浴や空間演出では、この空間や環境へのアプローチの効果を期待する場合も多くあります。アロマセラピーを始めるときには、明確な機能を求めるのではなく、空気をキレイにしたい、空気を変えたい、というアプローチの方法もありです。エッセンシャルオイルを生活空間に取り入れるだけで、家の空気が快適になる、居心地がよくなる、そんな効果をもたらすこともあります。

③ 自分の12星座別で選ぶ

中世のヨーロッパなどでは、あらゆることに天体の動きが影響を与えていると考えられており、植物の成育、人の病気や不調などもそのうちの一つでした。また、昔の人々は病気や不調の改善に植物(ハーブ)を使用していましたが、ハーブはその性質や見た目などの特徴から天体や星座に分類されています。そんな古くからのかかわりが由来する、「星座別に自分の魅力を高めてくれる香り」を選ぶのも面白いですね。

それぞれの星座名をクリックすると星座の性質とアロマオイルの紹介がご覧いただけます。

【おひつじ座】(3/21~4/20)

【おうし座】(4/21~5/20)

【ふたご座】(5/21~6/21)

【かに座】(6/22~7/22)

【しし座】(7/23~8/23)

【おとめ座】(8/24~9/23)

【てんびん座】(9/24~10/23)

【さそり座】(10/24~11/22)

【いて座】(11/23~12/21)

【やぎ座】(12/22~1/20)

【みずがめ座】(1/21~2/19)

【うお座】(2/20~3/20)

 

初心者におすすめのアロマショップ

さて、香り選びのイメージがついてきたところで、初心者の方でもエッセンシャルオイルが購入しやすいブランドやお店をご紹介します。単体のオイルが購入できるショップ、また商業施設や百貨店などに店舗が入っていて気軽に訪れられ、オンラインでも購入できるブランドを中心にピックアップしました。

生活の木

全国各地に店舗を展開しているので、ご存知の方も多くいらっしゃるかと思います。メディカルハーブガーデンや、アーユルヴェーダサロン、カルチャースクールなども運営しており、ハーブやアロマテラピーを普及・啓発されてきた有名なブランドです。アロマオイルは170種類以上、1ml~1リットルのサイズで取り揃えています。ビーカーやガラス棒、手作りのアロマスプレーやハンドクリームなどの容器・道具も揃っているので、まずアロマのいろはを知りたい方はぜひお店で知識豊富なスタッフさんから話を聞いてみてください。

〇生活の木 オンラインストア:https://onlineshop.treeoflife.co.jp/ec/cmShopTopPage1.html

ニールズヤードレメディーズ

ブルーのボトルが印象的で化粧品も多く扱っているショップなので、アロマが初めての方でも入りやすいかもしれません。厳格な基準を持つ英国ソイルアソシエーションの認定をクリアした原料を採用するなど、オーガニック精油が多く揃っているアロマテラピーブランドです。北海道から鹿児島まで直営店はありますが、百貨店や東急ハンズなどでもお取り扱いがあります。ロールオンタイプの携帯アロマなども販売しているので、天然の香りをまずは気軽に取り入れたい方にもおすすめです。

〇ニールズヤードレメディーズ オンラインストア:https://www.nealsyard.co.jp/onlineshopping/

カリス成城

1983年に創業し、ハーブを使った食品・化粧品・ポプリなどバラエティー豊かなオリジナル商品を多く取り扱っているので、インナーケアにも興味がある方は楽しめるかもしれません。アロマオイルは定番の香りから珍しいものまで、サイズ別に比較的お手頃価格で手に入ります。

〇カリス成城 オンラインストア:https://www.charis-shop.com/

最後に

香りの選び方を中心にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?まずは、自分がどんな目的でどんな香りを使おうか、と考えることから、アロマセラピーの一歩は始まります。お好みの香りでもいいですし、これを機に見つけた香りでもいいです。まずはこの香りを使おう!という、あなたならではの1本を選んで、毎日の暮らしのなかに取り入れてみてはいかがでしょうか。香りを使っていくことで、自分の好みもわかってきますし、自分の求めている香りをまた見つけることができると思います。

The following two tabs change content below.
アロマソムリエ編集部
アロマで空間をデザインするアットアロマ株式会社のオウンドメディア編集部です。香りに関する様々な情報を発信していきます。
アロマソムリエ編集部

最新記事 by アロマソムリエ編集部 (全て見る)